デジタル資産NFT:NFTバブル?? デジタルゴールド(仮想通貨)の次はデジタル資産(NFT)あらゆるものに価値がつきデジタルなCtoC市場は爆拡大する!

  • URLをコピーしました!
こんな方におすすめの記事

・デジタル資産?? NFT??って何?と思った方
・NFTは、どんなことができるのかを知りたい方
・NFT市場は伸びているのか?可能性は?

まよえる羊
まよえる羊

最近、Twitterの創業者がはじめてつぶやいたものが2億の価値がついたり、アート作品が700万円で買われて、さらに買った人が7億でそのほかの人に売ったとか。。。正直、びっくりなんだけども、いったい何が起こっているの??

さんぺぐ
さんぺぐ

今まではリアル資産がもっとも価値が高いものでしたが、これからはデジタルなデータに大きな価値がつきはじめているんだよ。それを実現したのがブロックチェーン技術であり、NFTと呼ばれた代替えのきかないオリジナルのデータを創ることができるようになったおかげなんだ。NFTとは何か?そしてNFTによってどんな世界が広がっていくのかについて解説していきたいと思います。

目次

デジタル資産NFT:デジタルゴールド(仮想通貨)の次はデジタル資産(NFT) あらゆるものに価値がつきデジタルCtoC市場は爆拡大する!

1.デジタル資産NFTってなに?

two blue cruiser bicycles on graffiti wall

NFTとは、「Non-Fungible-Token 非代替性トークン」と呼ばれています。
つまり代替えがきかない唯一のデジタルデータのことを言うそうです。
技術的なことをいえば、ブロックチェーン技術によりコンテンツを管理して無断コピーや盗作を防ぐということが可能です。

通貨や株式、金の延べ棒などは代替え可能なものです。もちろん、仮想通貨も代替え可能です。ですから代替えが不可能なものといえば、オリジナリティのものになるのでアート作品が多いのが特徴かと思います。他には運転免許証も代替えがないものといえるでしょう。

具体的なNFTの例でいれば、
・芸術品 ⇒NFTで本物の証明や所有権の売買が可能
・著作権(音楽、映画、漫画等)⇒NFTで著作者への正当な利益還元、使用権の売買

・利用券(遊園地、コンサート等)⇒NFTで偽造や不正転売の防止、会員への特権付与
・ブランドの証明(NIKE、グッチ等)⇒NFTで本物の証明
・証明書(免許証、卒業証明書)⇒NFTで本物の証明

最近でいえば、Twitterの創業者のJack dorsey(ジャックドーシー)氏のTwitterでの初ツイートがNFT化されてオークションで2億1800万円で落札されました。

さんぺぐ
さんぺぐ

音楽や映像など、今まで何度も盗作や盗撮により無断コピーによる被害が発生していましたね。その意味では、このブロックチェーン技術を用いたデジタル資産NFTはこれからのデジタル市場において、必須になるような大きな変化する可能性が高いと考えます。

2.NFTのメリット、デメリット

Painter, Artist, Man, Work, Painting, Creativity

NFTのメリット

・NFTの転売や譲渡が可能
・NFTの1次販売、2次販売、3次販売とどこまでもロイヤリティを作者は貰うことが可能
・作品の販売数を制御できたり、公開期間を制御することも可能

■NFTのデメリット

・NFTは誰でも生み出すことができるため、各々のNFTが希少だからといって価値が保証されるわけではないのでタダのゴミの可能性も大いにある。
・NFT市場の多くの人が、ペンネームを使っており、しばらくは詐欺のリスクもある

さんぺぐ
さんぺぐ

NFTが将来の所有の方式を大きく変える可能性があります。
イベントのチケットから土地や住宅までリアルなもののすべてが価値づけされ、あらゆる資産の所有権がNFTによってトークン化されると考えています。

アーティストにとっては、どうやってデジタル作品から収入を得るかという問題の解決策になるかもしれないません。アーティストは最初に作品を売却した後も、NFTの持ち主が変わるたびにロイヤルティーを受け取ることができるからです。

3.デジタル資産(NFT)市場取引Open Seaの拡大

Open SeaはNFT最大のC2Cマーケットプレイスです。
対象サービスのアイテム(イーサリアムトークン)を持っている人であれば、だれでも自由に登録してアイテムを売買することができます。※アイテムの売却時に一定量の手数料がかかりますが、登録・利用は無料です。

NFTの取引は2017年ごろに始まり、2021年に入って急増しました。NFTが取引されるOpen Seaでの月間売買高は1月には800万ドルだったが、2月に9520万ドルに膨らみました。

下記、NFT市場の規模について仮想通貨リサーチ企業Messariが集計したデータによると、OpenseaやNiftyGateway、Zoraを含む主なNFTマーケットプレイスの全体出来高は2月だけで29倍もの上昇を記録し、注目されるグローバルマーケットのひとつに拡大しているそうです。

画像
さんぺぐ
さんぺぐ

すごい勢いでNFT市場が急拡大していますね。その中でNFT市場大手のOpen Seaは10以上の投資家・企業から出資を受けています。
NFT取引の急増は、新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)で人々が自宅にこもり、インターネットに費やす時間が増えたのが原因でもあるようです。一般のアート作品が見られない、売れない状況の中でデジタルデータ化された作品群がNFTにより本物と証明されたことで市場の正常化作用が働き、活性化し始めたのだと思います。

まとめ:無料の広告ビジネスから有料のデジタルコンテンツ時代へ

まとめ

1.NFTとは「Non-Fungible-Token 非代替性トークン」と呼ばれ、代替えがきかない唯一のデジタルデータのことです。ブロックチェーン技術によりコンテンツを管理して無断コピーや盗作を防ぐということが可能。

2.NFTのメリットは、NFTの転売や譲渡が可能であり、1次販売、2次販売、3次販売と、どこまでもロイヤリティを作者は貰うことが可能。作品の販売数を制御できたり、公開期間を制御することも可能です。ただし、デメリットとしては、タダのゴミの可能性も大いにあり詐欺の発生も多いと考えられる。

3.デジタル資産(NFT)市場は、全体出来高は2021年の2月だけで29倍もの上昇し、NFTが取引されるOpen Seaでの月間売買高は2021年1月には800万ドルだったが、2021年2月9520万ドルに膨らんだ。

さんぺぐ
さんぺぐ

今までは、インターネットは情報が無料でコピーし放題でしたので供給が無限となってしまって需要が多少あっても価値が無料に近づいてしまっていました。

そこにNFTというものができたことで、インターネット上にあるモノに対しても唯一無二の価値がつくようになったことで需要と供給がマッチするようになり、価値の保全がどこまで可能になったわけです。

現在は、ブログやYoutubeは、広告ビジネスという形で無限にコンテンツが消費可能な運営されていますが、徐々にそのもの自体(コンテンツ)が価値を持ち始めたことでNoteのようなお金を対価としてお金を払う方式へ徐々に変化をし始めています。これはNFTの登場により、大きく加速することが想定され、広告ビジネスから唯一無二でコピーができないコンテンツの販売ビジネスへ大きく市場が動き始めることになるかと思います。

もしよければ応援クリックをお願いします。
皆様の投資にお役に立てる記事を書きます。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

FC2 Blog Ranking
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる